インデックス投資、アメリカ以外でどの国に投資するか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほとんどの個人投資家は長期投資をしているつもりで実際は短期投資をしていると聞きますが、長期投資のスタンスを取るつもりの自分ですが常にちょこちょこと銘柄をいじっており、この言葉がぴたりと当てはまります。

前回の記事アセットアロケーションと利回り計算を書いたことで守りの資産期待利回りを現状の12%からもっと高くしたくなり、色々とインデックス投資商品をみておりました。

どの国のインデックスに投資するのがいいか?

これから20年後、30年後の世界は米中印で回っていくなんて情報がちらほら聞こえてくるので、中国とインドを購入しようと思っていました。
で、さらっと調べました。

インド

インドの株式指数はあまり上昇率は高くなかったです。

中国

中国は上昇率が高く投資信託の1年間リターン100%(年率)、3年間リターン30%(年率)。かなり迷いました。しかし株価チャートを見るとほんとに急上昇なんですね。
  去年くらいまではずーっと平坦だったのにここ一年で急上昇。この間の株価急落と政府による株価の支えをみると、株価は底値のような気がしました。いやいやいや、なんか不自然なきがしました。君子危うきに近寄らずってやつですか。バフェットもそんなことを言っていたような気がします。

日本

日本株;の投資信託最近リターンがいいんですね。1年リターンも3年リターンも30%(年率)です。. でも私は日本株の勉強をしたことがありません。チャートを見ても右肩上がりというわけではないです。

“日経平均は今後上がるのか”とググってみても案の定色々な意見が。 株は上がるのか下がるのかホントわからんなあ
あれ米国株は今後上がるかなんて私は今までググったことあったっけ?
自己分析すると米国株に対しては自分なりに自信を持ってやっている、しかし、日本株インデックス投資は割高だか割安だか全くわからず不安なのですねこれは。

よって、

結局、

米国株に、

帰ってきました。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

コメントを残す

*