アセットアロケーションと利回り計算

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アセットアロケーション(資産配分)を考えるにあたり、リスク資産の比率をどうするか考えることになります。

そのためには自分がどれくらいの利回りが欲しいのか計算をしなければなりません。
私のアセットアロケーションでの期待利回り計算を更新しました。

アセットアロケーションの利回り計算結果

A: 期待利回り B : 資産比率 AxB
現金 0.02% 13.9% 0.003%
国債 0.5% 0.0% 0.00%
先進国 国内株式(投信) 13% 1.1% 0.1%
投信 18% 0.0% 0.0%
米国個別株 20% 36.9% 7.4%
S&P500+ダウの犬 17% 19.6% 3.3%
EFA (米国を除く先進国インデックスETF) 2.3% 8.9% 0.2%
先進国債権 8% 10.5% 0.9%
新興国株 7% 7.4% 0.5%
新興国債券 6% 1.8% 0.1%
総利回り 100.0% 16.8%

米国個別株の期待利回り

米国の個別株を自分で運用する期待というか目標利回りです。前回の記事目標アセットアロケーションと利回り計算では40%でしたがもう少し現実的?な20%に下げました。

他のインデックス投資の利回り

先進国の株、債券、新興国の株、債券のインデックスに投資する期待利回りは5年間の利回りを年率に換算したものを使いました。

ポートフォリオ全体の期待利回りは12%

ややさみしい感じです。
もっと利回りを増やすには広く分散したポートフォリオから期待利回りの高い銘柄、資産へ偏ったポートフォリオにしていくしかないんですよね。
しかし、自分の米国株、初心者のこの一年間の投資成績からすると、ちょっとまだ、けいるんさんにはまかせられないねといった感じ。

個別銘柄がだめなら、今こそ、インデックスで中国へいやいやインドへなどと迷い中。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*