米国株、ボーイングの2016年第4四半期及び年度決算

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国の企業 ボーイング Boeing(ティッカーシンボル BA) が1月25日に第3四半期決算を発表しました。ボーイングは誰もが知っている航空機製造会社です。軍用機も作っています。
ボーイングの決算の内容を書きます。

2016年度まとめ

  • 高い売り上げ。手堅い利益とキャッシュフロー
  • 100億ドルを自社株買い。配当の30%増加を発表
  • 民間航空機 668機の受注、受注残 5715機
  • 重要な防衛、宇宙の契約を獲得
  • ボーインググローバルサービスの立ち上げ
  • コスト低減と生産性向上を継続した

航空機産業を取り巻く環境

  • 民間航空機は依然、今後も長期期間、成長産業
  • 順調な飛行機での交通量とゆるやかな航空貨物市場の回復
  • 単通路航空機への強い需要。堅調だがやや減速傾向にあるワイドボディ機への需要
  • 米国の5年防衛予算がゆるやかな成長が見込まれる
  • ボーイングの防衛、宇宙プログラムへの国内からの強力なサポート
  • 順調な国際的な防衛産業への需要
  • 2016年から2035年まで39620機の新品航空機が作られると予想。その内約7割が通路が一つタイプの単通路航空機。

2016年度財務結果

  • 売上:946億ドル, マイナス1.5% vs.2015
  • EPS:7.24$, マイナス6% vs.2015
  • 営業キャッシュフロー:105億ドル, プラス12% vs.2015

2016年第4四半期財務結果

  • 売上:233億ドル, マイナス1.3% vs.2015
  • EPS:2.47$, プラス 54% vs.2015

民間航空機部門

  • 第4四半期 売上:162億ドル +0.6% vs.2015
  • 納入台数:185機を第4四半期, 748機 (2016年)
  • 第4四半期の新規受注 288機、230億ドル, 受注残 4160億ドル
  • 2016年の新規受注:668機
  • 787-10初号機の最終組み立て開始
  • 500機目の787納入された。通路2本の機種としてはもっとも早い納入ペース
  • 737 MAX9 (座席数:180-215席)初号機の最終組み立て開始
  • 777Xの部品の先行生産開始

787-10 ドリームライナー

写真はボーイングのウェブサイトより

中型機、通路が2本。航続距離11910km。

乗客数 330名,全長68.27m

737MAX-9

写真はボーイングのウェブサイトより

次世代小型機、737NGの後継機の単通路機,最大座席数220, 全長42.2m、航続距離 6510km

777X

写真はボーイングのウェブサイトより

次世代大型機、通路2本,最大座席数425(777-9), 航続距離 16110km(777-8),全長76.7m

防衛・宇宙・セキュリティ部門

2016年第4四半期売上:69億ドル, マイナス12% vs.2015

80億ドルの新規受注、受注残 570億ドル

新規国際ビジネス

派生型飛行機

  • インド:P-8オプション実行
  • ノルウェー:P-8 議会による通知

P8_Poseidon

P-8ポセイドン、写真はBoeing ウェブサイトより

ヘリコプター

  • サウジアラビア:CH47 議会による通知
  • UAE:AH64 議会による通知

戦闘機

  • クウェート:F/A-18 議会による通知
  • カタール:F-15 議会による通知
  • カナダ:F/A-18購入意思を公表

バランスの取れた製品化

  • 38機の飛行機と2機の人工衛星を納入
  • T-X飛行機の初飛行

2017年通期見通し

  • 売上:905-925億ドル, 第3四半期決算より 30億ドルの下方修正
  • EPS:9.1-9.3ドル 6.8ドル-7.0ドル, 第3四半期より +30%の上方修正

株価とPER

株価は164$, PERは21です。

関連書籍


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

コメントを残す

*