個別銘柄情報

米国株の銘柄の企業情報です。
成長株、優良株、割安株。

米国、小型株 フランクリン・コヴィー, 株価 +36%の決算

米国小型株のフランクリン・コヴィー 社 ティッカーシンボル FCを2015年11月に購入。
2016年の決算内容。
株価は購入時より36%も上昇しました。

小型株のフランクリン・コヴィー 社 ティッカーシンボル FCが2016年11月9日に、2016年度の年間決算と第4四半期決算(会期末 8月31日)を発表しました。その内容に関して書きたいと思います。
フランクリン・コヴィーは7つの習慣の本を出版している会社です。時価総額2億9400万ドルの小型株です。ちなみにコカ・コーラの時価総額は約1790億ドルです。

フランクリン・コヴィーの事業内容

続きを読む

米国株, 個別株投資でスナップオン購入

米国の個別株投資で久々に新銘柄を購入しました。
工具メーカーのスナップオン,Snap-On Incorporated (SNA)です。
今回 スナップオンを購入した経緯を書きたいと思います。

安定成長を続ける優良株が欲しかった

続きを読む

米国株、急落時に割安のIBM株購入

今回の急落で安くなっている株ですが、それでも私的に割安だなと感じる株は殆どありません。

これだけ下がっているんだから何か買いたいというので思い出したのが。
IBMです。

割安だとは思っていたのですが、いかんせんIBM。
売上と利益は下落の一途ですがEPSだけは上がり続け、プロの投資家の注目をたっぷりと集めるバフェット銘柄です。
ダウの犬枠では保有していますが攻めの資産の個別株枠では持っておりません。トーシロの私がその中で利益を上げるのは至難の業だと思っていたからです。

しかし、今回は急落時です。皆が我先にと、やや冷静さを欠いて売っていた状態のはずなので、購入に踏み切りました。

IBMの割安感は

PER
13 過去平均よりやや割高
PSR
1.7 ほぼ過去平均
MV/PV
0.7  <—こいつが決め手です。

*MV/PVは市場価格(MV)を私が自己流で算出した企業価値(PV)で割ったものです。
MV/PV以外割安じゃないじゃん

さてIBMどの株に分類したらよいのでしょうか?優良株ではないしもちろん急成長株でもない。
じゃあ市況関連株。
在庫をチェックしたところ、過去8年で一番低い水準です。これはきっといいことだ。
一株145$でお買い上げです。

投資は自己責任でお願いします。

8月24日、株価暴落時の対応

最近の株式市場は中国経済の先行き懸念から大荒れですね

8月21日(木) ダウ ; 350ドル下げ
8月22日(金)  ダウ; 530ドル下げ 
と来て8月24日(月)中国上海指数 -8%  

今日は大幅に下がりそうだと思いましたが、こういった時、どのように対応したらいいのかよくわかりません。
暴落は買いのチャンス
それは、まあ頭ではわかっています。

今、既に持っている株はどうしたらいいのかな。
マーケットが始まる午後10時半まで少し時間があったので、何かヒントはないかと素早く本を読みなおしました。
読み直した本は、
オニールの成長株発掘法 【第4版】
ピーター・リンチの株で勝つ
全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦

投資で一番大切な20の教え

株式投資 第4版

 
一番参考になったのはオニールジム・クレイマー 
オニールは何が何でも損切り

ジムクレイマーは持ち株をどうするかは特に記載がなかったのですがマーケットの大底の判断の仕方。
その判断方法に必要な情報をネットで検索すると、どうも底値に近そうと都合よく判断。

これで行こうと、マーケットをチェックすると、既に株価は真っ赤っかです。
プレマーケットの段階で板は株価をリアルタイムで更新しますがチャートは更新されず、
いくつも保有銘柄があるので軽いパニックでした。
私は基本的に損切りを設定しているので、まずはすべての逆指値売りをキャンセル。
もう少しで逆指値まで落ちそうな株があったり、
設定した逆指値より下で売買が始まり、逆指値が発動しないばかりか逆に株価が反発してきて逆指値に引っ掛かりそうな銘柄もありました。

ただ、急成長株のスキャンポはオニールの教えての通り、損切りをそのままにしておきました。
ンでもって損切り発動、さようならスキャンポ。

株価が急反発してきたので、買いを検討。
どれを買うか、いくら買うか早く考えないといけません。
こういった暴落時は大型株のほうがパフォーマンスがいいと記憶していたので守りの資産インデックスのETFを購入、
2015Q4に投入予定の資金を今回投入するかどうか迷いましたが、時すでに遅しで価格が”半年ぶりの安値レベル”だったので投入しないことにしました。

続いてボーイング買い増し。
ドルが下がっておりキャッシュもなくなってきたので、ドル購入。

さて一日たってこの売買はどうだったのか。
25日は反発しています。ポートフォリオ全体としてはマイナスですが昨日買った株はプラス。
中国の利下げのニュースもあり株価の急落は落ち着いてくれるといいのですが、どうでしょうね。

おすすめの株の本




下のリンクをクリックしてもらえるとブログランクに反映されるのでやる気がでます。うれしいです。
 株ブログ 株日記 
投資は自己責任でお願いします。 

リンク:私のおすすめの株の本です 

米国株、市況関連株 ベッド・バス・アンド・ビヨンド検討

今回、検討したのは、ベッド・バス・アンド・ビヨンド(ティッカー BBBY)であります。

キッチン用品・寝具・トイレバス用品を扱う生活雑貨銘柄。

ベッド・バス・アンド・ビヨンドの指標

指標を見てみると、

  • 売上;10年間安定して伸びています
  • EPS;同じく10年間安定して伸びています。
  • PER;過去5年平均値よりも低い水準にあり割安
  • PSR;0.9 比較的安いです
  • MV/PV; 0.8 非常に魅力的なレベル
  • 株価;安定して伸びているわけではなく、のぼって降りてを繰り返すわかりやすいチャートです。今はちょうど底のように見えまさに買い時

安定成長株かそれとも市況関連株

ベッド・バス・アンド・ビヨンドは安定成長株なのか市況関連株なのかよくわかりません。
私は市況関連株だと思っています。

在庫

念のために在庫をチェック。
すると在庫は過去3年間で最大になっているではありませんか

これは危険信号きっと工場には売れ残った製品が積みあがっているんだ。

買うかどうするか

いやいや、今が買い時でしょ来るべき好景気に備え準備しているのさ。
非常に迷います。
大体私の市況関連株投資は今一の成果なのです。ボーイングも安定した株価、USスチールは失敗。
ということで今回は保留。株価が60$くらいに下がったら買おうかな。

 

アメリカの株式に投資するETFを検討しました

資産を幅広く分散投資してアメリカの株式市場平均を上回るには

長期投資の守りの資産としてETF等を組み込み、アメリカ市場と同等、もしくはやや上のパフォーマンスを狙います。

市場平均を上回る資産

上場S&P500米国株 (銘柄コード 1547)

アメリカの代表的なインデックス、S&P500に連動するETF。東証で買えます。このETFが市場平均なので市場を上回ることはできませんが、以前から保有しているのでそのままキープします。

高配当株 ダウの犬

このブログでちょくちょく書いている我流ダウの犬銘柄です。カテゴリー 高配当株、ダウの犬
市場平均を3~4%上回ることを期待。

BBH

Market Vectors Biotech ETF; 2014年の利回りは30%、バイオテクノロジー銘柄で構成される右肩上がりのETFです。ギリアド・サイエンシズ, アムジェン, セルジーン,バイオジェンといった25銘柄に分散投資できます。

RTH

Market Vectors Retail ETF; Amazon, Walmart,ホームデポ等の小売業の株式、25銘柄に分散投資できます。過去3年の投資の利回りは 19%です。

QQQ

PowerShares QQQ; NASDAQ100指数のETF;Amazon, ギリアド・サイエンシズ, セルジーン, バイオジェン人気銘柄が一杯。

まあどれもこれも、かぶりまくりで分散投資になっていないような気もしますが、長期投資の新しい目標ポートフォリオです。
あとはいいタイミングで買えるかどうかです。

目標全体ポートフォリオ

これらを守りの資産として加え、私の全体の目標ポートフォリオは以下のようになります

 大分類 中分類
  現金  100000 yen
  攻め   50%   米国個別株  75%
  現金 暴落用  25%
  守り   50%   S&P500  20%
  ダウの犬  20%
  BBH  20%
  RTH  20%
  QQQ  20%