米国株 高配当株で行うダウの犬 2015年10月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かの有名なダウの犬と呼ばれる高配当株の投資法です。
私も防衛的資産として去年の10月から米国株でダウの犬投資もどきをやっていますが、自分流に少しアレンジをしています。

ダウの犬とは

ダウの犬投資法はダウ10戦略、ダウの負け犬ともとも呼ばれています。

ダウ10戦略は、ダウ平均構成銘柄のうち配当利回りが最も高い10銘柄をある年の12月31日に購入し、それらを翌年いっぱい保有し、12月31日になったらその時点で配当利回りが最も高い10銘柄と入れ替えるというプロセスを繰り返す。配当利回りが高い銘柄というのは、たいてい株価が低迷していて投資家に人気がない。そのため、ダウ10戦略はしばしば「ダウの負け犬」戦略とよばれる。
—–株式投資 第4版 著者ジェレミー・シーゲル 159ページより引用

私のダウの犬ルール(2015年10月時点)

  • 高配当の大企業 (ADR株含む )
  • 今期は成長見込みの銘柄である
  • PERは一年後も変化なしの前提で利回り計算し高いものを選ぶ
  • 8%の損切り
  • 一年間保有する

ADR株とは 米国で売買できるアメリカにとって海外(日本、ドイツ等)の株

高配当株投資、ダウの犬、2ヶ月後の結果

8%の損切りルールで約半分の銘柄を損失確定。
売った直後から値下がりする銘柄達を見るのは辛いものがありました

反省点

  • ダウの犬オリジナルのルールから変えすぎた
  • 株って8%くらい動くよね

防衛的資産なのでおとなしくインデックスファンドを買っとけばいいのですがインデックスより成績がいいと聞いてますので、こっちやりたくなりますよね。

2015から始めたダウの犬、新ルール

  • 配当利回りの高い大企業 ADR含む
  • PERが過去平均より低い
  • 一年間保有する

今のところ旧ルールで生き残っている子達もほとんど赤字です。
さて新ルールの結果はどうなるでしょうか?

株の本 おすすめ

米国株式が影響を受けることすべてに関して、約50年分にわたる様々な角度からの株研究結果です。
配当利回り,PER,PBRといった各指標に始まり政策金利、様々ニュースやアノマリー等が長期にわたり株価にどのように影響を与えたのか学べます。

押さえておくべき一冊だと思います。著者はジェレミー・シーゲルですが投資家の中にシーゲル信者が多いのも納得です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*