アメリカの株式に投資するETFを検討しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資産を幅広く分散投資してアメリカの株式市場平均を上回るには

長期投資の守りの資産としてETF等を組み込み、アメリカ市場と同等、もしくはやや上のパフォーマンスを狙います。

市場平均を上回る資産

上場S&P500米国株 (銘柄コード 1547)

アメリカの代表的なインデックス、S&P500に連動するETF。東証で買えます。このETFが市場平均なので市場を上回ることはできませんが、以前から保有しているのでそのままキープします。

高配当株 ダウの犬

このブログでちょくちょく書いている我流ダウの犬銘柄です。カテゴリー 高配当株、ダウの犬
市場平均を3~4%上回ることを期待。

BBH

Market Vectors Biotech ETF; 2014年の利回りは30%、バイオテクノロジー銘柄で構成される右肩上がりのETFです。ギリアド・サイエンシズ, アムジェン, セルジーン,バイオジェンといった25銘柄に分散投資できます。

RTH

Market Vectors Retail ETF; Amazon, Walmart,ホームデポ等の小売業の株式、25銘柄に分散投資できます。過去3年の投資の利回りは 19%です。

QQQ

PowerShares QQQ; NASDAQ100指数のETF;Amazon, ギリアド・サイエンシズ, セルジーン, バイオジェン人気銘柄が一杯。

まあどれもこれも、かぶりまくりで分散投資になっていないような気もしますが、長期投資の新しい目標ポートフォリオです。
あとはいいタイミングで買えるかどうかです。

目標全体ポートフォリオ

これらを守りの資産として加え、私の全体の目標ポートフォリオは以下のようになります

 大分類 中分類
  現金  100000 yen
  攻め   50%   米国個別株  75%
  現金 暴落用  25%
  守り   50%   S&P500  20%
  ダウの犬  20%
  BBH  20%
  RTH  20%
  QQQ  20%

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

コメントを残す

*