米国株、高配当株で行うダウの犬投資としてIBMをどうするか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダウの犬の10番目の候補として考えている高配当株のIBMが2014年の決算をだしたので見ました。

決算は去年よりは悪いがアナリスト予想よりは良かったです。

私のダウの犬候補の高配当株の条件

去年の10月から初めて1月に変えたのですが、私のダウの犬投資の候補のか株に求める条件は以下になります。

  • 大企業
  • PERが過去平均より低い
  • 配当利回り高い

この条件に合う米国株は意外と少ないんです。
IBMの場合

  • PER ; 10 十分に低いです
  • 配当 ; 2.8% 決して高くはありません。

さてIBMどうしようか?

IBMは去年の6月に売買して6%の損を出した銘柄です。

IBM株価チャート

似たような高配当株のMet Lifeとも比べてみましたが、利益率、負債、EPS安定度等 IBMのほうがいいと思いました。

これはきっと買いだな

リベンジなるかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*