米国株、ダウ平均株価 370ドル急落 ,2017年最初の買い時

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国株 ダウ急落 買いのチャンス

2017年5月17日はダウ株価が370ドルも急落しました。

その理由はトランプ大統領の陣営とロシア政府が共謀して昨年11月の米大統領選に干渉したという「ロシアゲート」疑惑で、政治的混乱への懸念だと報じられました

これは2017年 最初の株を買うチャンスだと思い、個別株やらETFを買いまくりました。

株価の急落などもう無いのでは

2016年にトランプ大統領が誕生してから株価はひたすら上昇を続け、もう株価の急落など起こらないのではないかと思っていました。
そろそろ、買いたい衝動を抑える忍耐力も切れかけ、
個別株で、ドルコスト平均法をすればいいじゃないか、
なんて思っていた頃にこのニュース。

朝ニュースを見てから、気分はソワソワ。
仕事を早々に切り上げ、食事もさっさと済ませ、PCを起動します。

インデックスETFを購入

まずは守りの資産であるインデックスのETFを買います。

  • SPY:S&P 500指数に連動する ETF
  • BBH:バイオテクノロジー銘柄で構成されるETFです。25銘柄に分散投資
  • RTH:Market Vectors Retail ETF;小売業の株式、25銘柄に分散投資
  • QQQ : PowerShares QQQ; NASDAQ100指数のETF;人気銘柄が一杯

BBH

バイオテクノロジーに投資するETFは、少々迷いました。
あんまり盛り上がってないですから。
しかし、だからこそ買うべきと思い購入

QQQ

QQQは現在+50%の含み益を出しているETF, 今更追加投資するのにも勇気がいるのですが購入

個別株を買い増し

買いのタイミングをうかがっていた、攻めの資産である個別株もこの機に買っていきます。

スナップオン ツール

7か月ぶりに優良株である工具メーカーのスナップオン ツールを購入。

ギリアドサイエンシズ

株か緩やかに下落を続けているギリアド・サイエンシズ、さらにかくっと株価は落ちました。PERは6.8です。

IBM

バフェットが保有割合を減らし株価が急落したIBM。今回の急落でさらに株価は下落しました。
さすがに売られ過ぎではないかと思いました。
私の含み益もすっかり減り、現在 +9%。
思い切って購入です。

新規にGOOGL株を購入

6番目の個別株の対象としてグーグル(アルファベット)とアプライドマテリアルズを検討していました。
アプライドマテリアルズは半導体製造機器のトップメーカーでPERも18程度です。

一方 グーグルはPER30の人気株、
PER30は高く感じます。
ただ一切知見の無い半導体製造機器よりはまだ、生活必需品のようなグーグルサービスの方が身近に感じました。

人気記事

コメントを残す

*