米国、小型株 フランクリン・コヴィー, 株価 +36%の決算

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国小型株のフランクリン・コヴィー 社 ティッカーシンボル FCを2015年11月に購入。
2016年の決算内容。
株価は購入時より36%も上昇しました。

小型株のフランクリン・コヴィー 社 ティッカーシンボル FCが2016年11月9日に、2016年度の年間決算と第4四半期決算(会期末 8月31日)を発表しました。その内容に関して書きたいと思います。
フランクリン・コヴィーは7つの習慣の本を出版している会社です。時価総額2億9400万ドルの小型株です。ちなみにコカ・コーラの時価総額は約1790億ドルです。

フランクリン・コヴィーの事業内容

まんがでわかる 7つの習慣という本がコンビニで見かけたことがあると思いますが、あの本を書いたのがフランクリン・コヴィーさんであります。

フランクリン・コヴィー社(NYSE:FC)は、リーダーシップ能力やコミュニケーション能力、生産性、パフォーマンス向上のためのトレーニング、組織および個人のアセスメントサービスにおける世界的なリーダーです。
フランクリン・コヴィー社がお手伝いすることで、様々な企業が従業員のパワーを引き出し、ビジネス上の最優先事項へとフォーカスを定め、実行し、成功を勝ち得ています。
米国「フォーチュン」誌が指定する最優良企業上位100社のうち90%、同じく500社のうち75%以上の企業にサービスを提供しており、また、クライアントには多数の政府機関、大手グローバル企業をはじめ、教育機関、中小企業が含まれています。
当社の商品とサービスは、企業研修、クライアント・ファシリテーター(認定制)、公開コース、書籍出版、およびwww.franklincovey.co.jpを通じて、数々の組織と個人に利用されています。

フランクリン・コヴィー・ジャパン 事業概要より

 

決算ハイライト

  • 知的財産ライセンス、フリーパス関連の売り上げが第4四半期で1390万ドルに増えた.(第3四半期 600万ドル、第2四半期 300万ドル)
  • 2016年度営業キャッシュフローは +25%の3270万ドル
  • 2016年度に250万株の自社株買いを実施。4300万ドルを株主に還元

第4四半期決算

フリーパス(All Access Pass)

第4四半期に1370万ドルの契約が結ばれた。950万ドル分の契約が第4四半期に計上され、420万ドルのは繰り延べされた。現在 合計で 2080万ドルの繰り延べされた売り上げがある。

売上

6480万ドル マイナス4% vs.2015
研修事業の売上 +15%。国際ライセンスの売り上げ +7%。しかしフリーパスの売り上げ繰り延べとイギリス事務所、政府サービスによる減少を帳消しにできるほどではなかった

粗利

粗利は4570万ドルで粗利率は70.4%

純利益、EPS

純利益 770万ドルで前年より変更なし。
EPS(一株当たり利益)は0.55$, +20% vs.2015, 自社株買いで発行済み株式が減ったためEPS

2016年度決算

売上

2億ドル マイナス 5% vs. 2015
売り上げ減少の理由

  1. フリーパス(All Access Pass)サービスの開始により売り上げが繰り延べされた
  2. 660万ドルの米国政府の契約がなくなった
  3. 為替による90万ドルの損失

 

純利益,EPS

純利益、700万ドル, EPS 0.47 マイナス 29%

中国事業所スタート

2016年9月1日に3つの直営営業事務所が中国でオープン

2017年見通し

フリーアクセスパスサービスが2016年うまくいった。2017年はフリーアクセスパスサービスよりよくなるように修正していくことを決定した。
繰り延べ分を含む調整済みEBITDA(減価償却前営業利益):2016年: 3440万ドル だったが2017年は3500万ドル-3800万ドル、 +1%~+10%。

株価

株価は、21ドル、PER 44です

小型株、フランクリン・コヴィーを今後どうするか

EPSの安定しない企業なので、継続保有するかどうか迷っています。
最近株価が急上昇しており、含み益はなんと+36%。私の中の唯一の当たり銘柄なのです。
割高だとは思っていませんが、ポートフォリオのバランスが崩れるので、買い増す予定もなしです。

 

学校の教室

 

第2四半期決算結果

  • 売上:4530万ドル、マイナス2% ,2015年第2四半期比
  • EPS:マイナス0.04

為替の影響を受けてしまい、なんと赤字でした。

膨大な自社株買い

フランクリン・コヴィーは今回、3530万ドルの自社株買いを行いました。今期の粗利は2950万ドルでしたので、1期分の粗利以上の金額を自社株買いに投入したことになります。
それで赤字なってしまうのはなんだか、もったいない気がしますが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*