米国株、高配当株で構成するダウの犬、2016年用投資株と2015年の結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬にキスする美女

米国の主要指標であるS&P500を上回るパフォーマンスを得るべく高配当の大型株 10銘柄を選びました。
年末になると楽しみになるのがダウの犬投資の株の入れ替えです。
2016年向けのダウの犬投資対象を選びました。

2016年の結果はこちら:米国株、高配当株で構成するダウの犬,S&P10種、2017年用投資株と2016年の結果

ダウの犬、投資法とは

ダウ10戦略は、ダウ平均構成銘柄のうち配当利回りが最も高い10銘柄をある年の12月31日に購入し、それらを翌年いっぱい保有し、12月31日になったらその時点で配当利回りが最も高い10銘柄と入れ替えるというプロセスを繰り返す。配当利回りが高い銘柄というのは、たいてい株価が低迷していて投資家に人気がない。そのため、ダウ10戦略はしばしば「ダウの負け犬」戦略とよばれる。
—–株式投資 第4版 著者ジェレミー・シーゲル 159ページより引用

米国株、ダウの犬、投資対象株の私の条件

  • 配当利回り 3%以上
  • ダウ工業株30種もしくはS&P500指数の株なので安心
  • 時価総額, 350億ドル以上

投資対象、高配当株から割安な株を探す

探す少年

この高配当株に対し下記4指標を調べの割安感を〇 ; 2点、△ ; 1点、× ; 0点で評価。
総合得点の高いものから採用

  • PER ; 過去5年平均値に対する現在のPER
  • PER ; S&P500の平均値に対する現在のPER
  • PSR
  • MV/PV ; 市場価値(MV) を企業価値 (PV) (私の独自の算出値)で割った値

 

2016年ダウの犬投資対象と、2015年の結果

2016年1月4日時点です

 

自己流ダウの犬、
投資対象
PER
2015年
成績
2015年 2016年 会社名 / ティッカーシンボル 業種
vs .
過去
5年平均

vs.
S&P500
平均
PSR MV/PV ポイント

-1%
ウェルズ・ファーゴ WFC 金融 × × 3

-11%
メルク MRK 医薬品 × × 4

-8.9%
ゼネラルモーターズ GM 自動車 ×
5
5% AT&T T 通信 × × × 1

-24%
エマーソン・エレクトリック EMR 電気部品 6

-16%
エクソンモービル XOM 石油&ガス × 4

-15%
IBM IBM ITサービス 7

-27%
キャタピラー CAT 重機 × 4
13% ダウ・ケミカル DOW 化学 × 5
リヨンデルバセル・
インダストリーズ
LYB 化学 × 5
ベライゾン・
コミュニケーション
VZ 通信 × 5
シスコシステムズ CSCO 通信機器 5
ウォルマート WMT 小売り × 5
プルデンシャル・
フィナンシャル
PRU 保険 8

2015年ダウの犬投資結果

2015_downoinu_kekka
2015年の自己流ダウの犬投資結果は大失敗でした
S&P500が -0.7%だったのに対し、私のリターンは-9.4%。

反省点

反省点を上げるとすれば、2015年度の投資対象を選んだときは自動車株を入れたいとか、石油関連は入れておきたいとか、ウェルズ・ファーゴを入れたいとか、高配当のAT&Tは入れておきたいとか、
自分の好みを色々と入れてしまった所ですかね

当時は良かれと思ってやったのですが、結果にはつながりませんでした。

 

2016年高配当株、ダウの犬投資対象株

2016_downoinu_beikoku_kabu

私が割安と判断した上位10銘柄を選びました。

エマーソン・エレクトリック  (EMR)

6ポイント
継続保有
実は時価総額350億ドル以上の条件を満足していません。恐らく去年の購入時は満足していたはずです。
株価が下がり続け割安になっているのが魅力でしたので継続保有としました。

IBM

AI_Watson
7ポイント
継続保有
株価が下がり続け割安と判断し継続保有としました。
IBMの人工知能ワトソンの将来性に特に期待しているというわけではないです。

ダウ・ケミカル (DOW)

5ポイント
継続保有
デュポンとの合併交渉が決まりました。
それによる企業の価値を特に気にせず、今の状態で割安と判断しましたので継続保有。
というかどういう風に判断していいのかわからないのが真相です。
2015年の投資成績が良かった貴重な株です。

リヨンデルバセル・インダストリーズ (LYB)

plastic
5ポイント
新規購入。
化学製品を作ってる会社です。アメリカのこれからの好景気に連動し業績を伸ばしてくれると期待。

バセル社は世界最大のポリプロピレンの生産規模を誇り、ポリエチレンや触媒においても世界で主要な生産社の一つです。また、ポリプロピレンやポリエチレンの生産プロセスの開発やライセンスについても国際的なリーダーでもあります。バセル社は彼らのジョイントベンチャーを含めると、世界120ヶ国を超える国々において生産設備を保有しており、欧州・北米・アジア太平洋地域の研究開発活動においてもポリオレフィン産業の始まりまでさかのぼる技術的な実績を継承しています

サンアロマー㈱のウェブサイトより

 

ベライゾン・コミュニケーション(VZ)

5ポイント
新規購入。
AT&Tを売ってベライゾンを買うのはあまり意味がないような気もしますが、割安と判断しました。

 

シスコシステムズ(CSCO)

telephone
5ポイント
新規購入。
全ての指標にわたりバランスよく割安感が出ています。

 

ウォルマート(WMT)

5ポイント
新規購入。
去年は高くて手が出ませんでしたが、従業員賃金問題で大きく株価を落としました。そこで購入のチャンスになりました。

 

プルデンシャル・フィナンシャル(PRU)

8ポイント
新規購入。
割安度が最高の8ポイントです
この株で利益が出ないってことはないでしょう。

そう思っていますが、自分の読みが外れるのが株式投資と偉大な先人たちは言っています。
2016年は市場平均同等のリターンと予想します。

2016年の高配当株、ダウの犬投資対象になれなかった株

downoinuni_narenakatta
2015年は私の自己流ダウの犬投資株として頑張ってくれましたが2016年は落選とした株たちです

ウェルズ・ファーゴ(WFC)

3ポイント
落選
利上げが決まりこれから、利益が増えていきそうですが、割安感はいまいちです。ダウの犬投資対象からは外れますが私のアセットアロケーションの中の攻めの資産としての個別株として継続保持します。

メルク(MRK)

4ポイント
落選
キャタピラー、エクソンモービルと同ポイントでどれを落とすか悩みました。
キャタピラー、エクソンモービルは原油安や中国経済への懸念から売られすぎてる可能性があると判断し、メルクは落選となりました。

GM

kuruma
5ポイント
落選
メルクや、キャタピラー、エクソンモービルよりも割安感は高いのですが、MV/PVが圧倒的に高い点、この市況関連株ではPERの低さが割安感を示してないとの思いから落選。

AT&T (T)

1ポイント
落選
5%以上の配当を出す株でしかも私はNISAで保持していたのですが、割安感がありませんでした。
思い切って売却しました。

最後に

株を評価するのに万能な指標はないと思います。
米国株を始めてまだ2年目ですが、学んだことも多いはず。
S&P500を上回れるかどうか非常に楽しみです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

コメントを残す

*