米国株、ポートフォリオとリターン 2017年1月末

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国株、個別株はハイリスクハイリターンといいますが私のポートフォリオとリターンは?

私はポートフォリオを攻めのポートフォリオと守りのポートフォリオに分けています。
守りのポートフォリオは過去記事米国株、ETFでのインデックス投資と高配当株、ポートフォリオのリターンを参照ください。
今回は長期投資を目指しつつも、実際は激しく米国株の売買を繰り返す私の、個別株で積極的に利益を狙っていく攻めの資産のポートフォリオです。
目標リターンは年率20%

2017年1月末 ポートフォリオ

分類 規模 銘柄名 ティッカー 保有割合 リターン 保有
期間 (月)
急成長株 小企業 スキャンポ SCMP 12% -47% 15
優良株 中企業 スナップオン SNA 6% 19% 4
優良株 大企業 ギリアド・サイエンシズ GILD 11% -35% 11
市況関連株 大企業 ボーイング BA 13% 21% 19
市況関連株 大企業 IBM IBM 16% 24% 15
市況関連株 小企業 フランクリンコヴィー FC 0% 24% 12
キャッシュ 追加投資用キャッシュ 42%

実施した株の売買

フランクリン・コヴィー(FC)を売却

決算発表に伴い、株価が急落しました。そこで、設定していた逆指値注文が発動し、利確となりました。
過去記事:米国株、赤字決算で逆指値注文発動 フランクリン・コヴィー 2017年第1四半期

株価が大きく動いたスキャンポ

スキャンポ Sucampo (SCMP)の株価が1月で大きく下落。マイナス30%からマイナス47%に17%下落しました。

米国株 2017年1月のダウ平均株価

トランプへの経済政策の期待で株価はじりじりと上がり続けました。ダウは20000ドルを突破し一時期20100ドルに達しました。
しかし、トランプの過激な政策、いまいちな企業決算で、ややブレーキモードといったところです。

ポートフォリオのリターン

return_201601
リターンは マイナス1%です
ダウが史上初の2万ドルを超えても私のポートフォリオではそれを感じ取ることができません。
平均保有期間は約13か月です。リターンは手数料、配当を考慮しています。
目標利回り +20%に対して実績は全く届いておりません 

今後の方針

スナップオンとギリアド・サイエンシズを買い増していきたいと思います。
キャッシュを多く持ちましたので買いのタイミングをうかがっています。 

保有銘柄数が5種類になってしまったので、6番目の銘柄を加えたいところです。

コメントを残す

*