米国株、優良株,ハイテク業界のNewstar 購入と売却

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は優良株。

私の優良株の定義はピーター・リンチの株で勝つを参考にし年率10%程度の成長を期待できる銘柄として捉えています。

S&P500に投資しておけば平均10%程度の利回りを期待できるためリスクを増やしてまで個別を買う必要はないと思っていました。

米国株、私の優良株の条件

もとから暴落時に備えて優良株リストを作っていました。
その条件としては

  • 10年間安定して成長し続けている
  • 利益率が高い
  • 成長率がそこそこ高い
  • 負債率が低い

というごく普通なものです。銘柄として対象になったのは アップル,バイオジェン,セルジーン等
しかしいずれも割高なものばかりでやる気も上がらず、あまりリスト作りは進んでいませんでした。

しかし、

株で富を築くバフェットの法則[最新版]を読んで考えが変わりました。

割安でバフェットが言う永続的競争優位性のある優良株を買えれば 10%以上のリターンが期待できるのではないかと思いました。

そこで再び優良株を地道に探しました。

優良株のNeustar社

地道なスクリーニングで、出てきたのがNSR; Neustar社

Neustar社の事業内容

ナンバーポータブルサービスが主な事業でその他に、マーケティングサービス、セキュリティサービス、データサービスというのをやっています。私としては以前購入したスカイワークスよりも事業をわかっていません。
スカイワークス過去記事 : 米国株、成長株購入から損切り、ハイテクのスカイワークス

それはさておき、

割安度として

  • PER;9.3 とってもすばらしい
  • MV/PV(私のオリジナル指標です); 0.7 とってもすばらしい
  • PSR;1.6 すばらしい

米国バイオ株、バイオジェンの割安度

  • PER;30 意外と低い。でもまあこんなもんでしょ
  • MV/PV;4.4 やはり高いです
  • PSR; 9.8 高すぎ

株で富を築くバフェットの法則[最新版]に書いてあった方法でNeustar社とバイオジェンの割安度を比較

市場価値(価格)に対する企業価値

企業価値 ; 将来キャッシュフローと将来の企業価値を現在値に割り引く)。3年間で想定。

市場価値を企業価値で割る

  • Neustar; 0.2
  • バイオジェン; 0.8

Neustar社がバイオジェンよりも割安なのはわかるのですが、この方法だと大抵の株は1以下になる。
すなわち今の株価は割安になると思ったのですが。
どうなんでしょう?

1ドルの留保資産

1ドルの留保資産 ; 企業が1ドル内部留保した場合に株価がどれくらい上昇しているか。(年率利回り)。

これはどういうことかといいますと、企業が利益1ドルを内部留保した場合に、株価も1ドルだけ上昇する場合、企業は内部留保せずに株主に利益1ドルを返してくれた方がいいですね。
なぜなら株主は返してもらった1ドルを運用することにより1ドル以上の利益を出すことができるからです。

  • Neustar社; -14% これはまずいです。国債のほうがよっぽどまし。PERというか株価がこの1年で約半分になっているのが響いています。
  • バイオジェン; +50% これはさすがです。

優良株 Neustar社の株の購入を決意

株価がファンダメンタルに対して著しく低いのが気になります。だから割安なのです。
とはいえ割安なので購入しました。

最終的に売却

今回の米国株暴落の影響をもろに受けてしまいました。

朝気づいたら、売却済みです

購入後、利益が出ていたので、損切りライン発動してしまいました。
結果 買値から-7%で売却です。

さて、これはよかったのか悪かったのか。
それは神のみぞ知るでしょう。
ただニュースター社は売り上げの50%を占めるナンバーポータビリティ事業のライセンスが来年の中頃で切れてしまうという話を聞いたことがあります。すなわち株の価値が半分になるようなもんでしょう。

現在のPERが約8と割安に見えますが株価がどこまでそれを織り込んでいたのかはわかりません。しかし安定成長株でもないと思うので、まあ良しとします。

 

コメントもらえると、うれしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*