米国株,バイオテクノロジー、スキャンポ、株価と2015年第4四半期決算結果

赤ちゃんの手

私は米国、スキャンポ社 [Sucampo Pharmaceuticals, Inc., ティッカーシンボル SCMP] の株を保有しています。

 

ちなみに含み損はマイナス40%です。
今回、株を追加購入したのですが、スキャンポが発表した2015年第4四半期決算と株価に関して書きます。

スキャンポについて

スキャンポ社は、患者さんのアンメットメディカルニーズを満たす薬剤の開発と販売に取り組むグローバル企業です。
スキャンポ社では現在AMITIZA®およびRESCURA®の2つの製品を販売しており、開発中のパイプラインを有しています。
米国メリーランド州ベセスダに本社を置き、日本、スイス、イギリスに拠点を設けています。詳しい情報はhttp://www.sucampo.comをご覧ください。

2014年10月22日 武田薬品のプレスリリースより

小型の成長株で時価総額が5億6200万ドルです。ちなみにコカ・コーラの時価総額は1958億ドルです。

スキャンポの四半期レポート 2015年第4四半期

3月8日にスキャンポが 四半期レポートを出しました。その結果を見てみます。

売上

  • 四半期売上; 5500万ドル 前年比 +47%
  • 年間売上 1億5300万ドル, 前年比 +33%

成長企業だけあって見事な売り上げ増加率です

EPS

  • 四半期 0.43 ドル 前年四半期比 +108%, アナリスト予想 0.19ドル
  • 年間 0.95ドル 前年比 +136%

ぬお EPSも見事な伸び。四半期EPSはアナリスト予想をぶっちぎりに上回っています

2016年のガイダンス

  • 売上; $1億9500万ドル-2億0500万ドル
  • EPS ; $0.97 – $1.07

ガイダンスは売上もEPSも第3四半期のレポートで発表された値をキープしています。
これはいい状態。

PER

決算発表直後のPERは19.9です。EPSが108%も伸びた株にしてはPERは低い方です。

スキャンポの株、購入へ

さあ、こんないい決算を出したスキャンポの株を買わない手はありません。
含み損、マイナス40%を一気に取り戻すのだ脳みそがアドレナリンを開放しています。
 

投資の先人たちも言っています。

チャーリーマンガーは株価が半値になったら売るというのであれば、そもそも株を持つべきではない。
ピーターリンチもマイナス25%で押し目買いができなければ株で成功できない。

株購入の前に、いったん頭を冷やす

いやいやいや、ちょっと待てと
これは明らかに良いニュースです。
投資の達人たちが言っているのは、株は悲観の中で買えなのです。
バフェットも言っています。ストライクが来たらバットを振ればいい。
みんな?がスキャンポの株に殺到する前に買いに行きたかったのですが、一旦、様子見です。

決算後のスキャンポの株価の動き

株価チャート スキャンポ 201603

決算直後、株価は急上昇

はうあ~。株価は急上昇。
6.4%も上昇しました。
俺っていっつもこうなんだよなと、さっさと寝るのです。

決算から二日経過、株価は急落

はうあ~。株価は急落。なんと23%も一日で落ちてしまいました。
なんで私の選ぶ株はこうなんだ~。含み損は増える一方です。

スキャンポ株の追加投資を決意

しかし、
ストライクが来た。マイナス23%はいくらなんでも売られ過ぎでしょう。
そう判断しました。

含み損マイナス40%のスキャンポに追加投資しました。
さてさて、どうなることでしょう。