個別銘柄情報

米国株の銘柄の企業情報です。
成長株、優良株、割安株。

8月24日、株価暴落時の対応

最近の株式市場は中国経済の先行き懸念から大荒れですね

8月21日(木) ダウ ; 350ドル下げ
8月22日(金)  ダウ; 530ドル下げ 
と来て8月24日(月)中国上海指数 -8%  

今日は大幅に下がりそうだと思いましたが、こういった時、どのように対応したらいいのかよくわかりません。
暴落は買いのチャンス
それは、まあ頭ではわかっています。

今、既に持っている株はどうしたらいいのかな。
マーケットが始まる午後10時半まで少し時間があったので、何かヒントはないかと素早く本を読みなおしました。
読み直した本は、
オニールの成長株発掘法 【第4版】
ピーター・リンチの株で勝つ
全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦

投資で一番大切な20の教え

株式投資 第4版

 
一番参考になったのはオニールジム・クレイマー 
オニールは何が何でも損切り

ジムクレイマーは持ち株をどうするかは特に記載がなかったのですがマーケットの大底の判断の仕方。
その判断方法に必要な情報をネットで検索すると、どうも底値に近そうと都合よく判断。

これで行こうと、マーケットをチェックすると、既に株価は真っ赤っかです。
プレマーケットの段階で板は株価をリアルタイムで更新しますがチャートは更新されず、
いくつも保有銘柄があるので軽いパニックでした。
私は基本的に損切りを設定しているので、まずはすべての逆指値売りをキャンセル。
もう少しで逆指値まで落ちそうな株があったり、
設定した逆指値より下で売買が始まり、逆指値が発動しないばかりか逆に株価が反発してきて逆指値に引っ掛かりそうな銘柄もありました。

ただ、急成長株のスキャンポはオニールの教えての通り、損切りをそのままにしておきました。
ンでもって損切り発動、さようならスキャンポ。

株価が急反発してきたので、買いを検討。
どれを買うか、いくら買うか早く考えないといけません。
こういった暴落時は大型株のほうがパフォーマンスがいいと記憶していたので守りの資産インデックスのETFを購入、
2015Q4に投入予定の資金を今回投入するかどうか迷いましたが、時すでに遅しで価格が”半年ぶりの安値レベル”だったので投入しないことにしました。

続いてボーイング買い増し。
ドルが下がっておりキャッシュもなくなってきたので、ドル購入。

さて一日たってこの売買はどうだったのか。
25日は反発しています。ポートフォリオ全体としてはマイナスですが昨日買った株はプラス。
中国の利下げのニュースもあり株価の急落は落ち着いてくれるといいのですが、どうでしょうね。

おすすめの株の本




下のリンクをクリックしてもらえるとブログランクに反映されるのでやる気がでます。うれしいです。
 株ブログ 株日記 
投資は自己責任でお願いします。 

リンク:私のおすすめの株の本です 

米国株、市況関連株 ベッド・バス・アンド・ビヨンド検討

今回、検討したのは、ベッド・バス・アンド・ビヨンド(ティッカー BBBY)であります。

キッチン用品・寝具・トイレバス用品を扱う生活雑貨銘柄。

ベッド・バス・アンド・ビヨンドの指標

指標を見てみると、

  • 売上;10年間安定して伸びています
  • EPS;同じく10年間安定して伸びています。
  • PER;過去5年平均値よりも低い水準にあり割安
  • PSR;0.9 比較的安いです
  • MV/PV; 0.8 非常に魅力的なレベル
  • 株価;安定して伸びているわけではなく、のぼって降りてを繰り返すわかりやすいチャートです。今はちょうど底のように見えまさに買い時

安定成長株かそれとも市況関連株

ベッド・バス・アンド・ビヨンドは安定成長株なのか市況関連株なのかよくわかりません。
私は市況関連株だと思っています。

在庫

念のために在庫をチェック。
すると在庫は過去3年間で最大になっているではありませんか

これは危険信号きっと工場には売れ残った製品が積みあがっているんだ。

買うかどうするか

いやいや、今が買い時でしょ来るべき好景気に備え準備しているのさ。
非常に迷います。
大体私の市況関連株投資は今一の成果なのです。ボーイングも安定した株価、USスチールは失敗。
ということで今回は保留。株価が60$くらいに下がったら買おうかな。

 

アメリカの株式に投資するETFを検討しました

資産を幅広く分散投資してアメリカの株式市場平均を上回るには

長期投資の守りの資産としてETF等を組み込み、アメリカ市場と同等、もしくはやや上のパフォーマンスを狙います。

市場平均を上回る資産

上場S&P500米国株 (銘柄コード 1547)

アメリカの代表的なインデックス、S&P500に連動するETF。東証で買えます。このETFが市場平均なので市場を上回ることはできませんが、以前から保有しているのでそのままキープします。

高配当株 ダウの犬

このブログでちょくちょく書いている我流ダウの犬銘柄です。カテゴリー 高配当株、ダウの犬
市場平均を3~4%上回ることを期待。

BBH

Market Vectors Biotech ETF; 2014年の利回りは30%、バイオテクノロジー銘柄で構成される右肩上がりのETFです。ギリアド・サイエンシズ, アムジェン, セルジーン,バイオジェンといった25銘柄に分散投資できます。

RTH

Market Vectors Retail ETF; Amazon, Walmart,ホームデポ等の小売業の株式、25銘柄に分散投資できます。過去3年の投資の利回りは 19%です。

QQQ

PowerShares QQQ; NASDAQ100指数のETF;Amazon, ギリアド・サイエンシズ, セルジーン, バイオジェン人気銘柄が一杯。

まあどれもこれも、かぶりまくりで分散投資になっていないような気もしますが、長期投資の新しい目標ポートフォリオです。
あとはいいタイミングで買えるかどうかです。

目標全体ポートフォリオ

これらを守りの資産として加え、私の全体の目標ポートフォリオは以下のようになります

 大分類 中分類
  現金  100000 yen
  攻め   50%   米国個別株  75%
  現金 暴落用  25%
  守り   50%   S&P500  20%
  ダウの犬  20%
  BBH  20%
  RTH  20%
  QQQ  20%

 

インデックス投資、アメリカ以外でどの国に投資するか

ほとんどの個人投資家は長期投資をしているつもりで実際は短期投資をしていると聞きますが、長期投資のスタンスを取るつもりの自分ですが常にちょこちょこと銘柄をいじっており、この言葉がぴたりと当てはまります。

前回の記事アセットアロケーションと利回り計算を書いたことで守りの資産期待利回りを現状の12%からもっと高くしたくなり、色々とインデックス投資商品をみておりました。

どの国のインデックスに投資するのがいいか?

これから20年後、30年後の世界は米中印で回っていくなんて情報がちらほら聞こえてくるので、中国とインドを購入しようと思っていました。
で、さらっと調べました。

インド

インドの株式指数はあまり上昇率は高くなかったです。

中国

中国は上昇率が高く投資信託の1年間リターン100%(年率)、3年間リターン30%(年率)。かなり迷いました。しかし株価チャートを見るとほんとに急上昇なんですね。
  去年くらいまではずーっと平坦だったのにここ一年で急上昇。この間の株価急落と政府による株価の支えをみると、株価は底値のような気がしました。いやいやいや、なんか不自然なきがしました。君子危うきに近寄らずってやつですか。バフェットもそんなことを言っていたような気がします。

日本

日本株;の投資信託最近リターンがいいんですね。1年リターンも3年リターンも30%(年率)です。. でも私は日本株の勉強をしたことがありません。チャートを見ても右肩上がりというわけではないです。

“日経平均は今後上がるのか”とググってみても案の定色々な意見が。 株は上がるのか下がるのかホントわからんなあ
あれ米国株は今後上がるかなんて私は今までググったことあったっけ?
自己分析すると米国株に対しては自分なりに自信を持ってやっている、しかし、日本株インデックス投資は割高だか割安だか全くわからず不安なのですねこれは。

よって、

結局、

米国株に、

帰ってきました。