アメリカ・米国への株式投資

米国株、ウォーレン・バフェット、アップルの株を購入

リンゴ

ウォーレン・バフェットがアップルの株を買いました。
ロイター記事:バフェット氏の米バークシャー、アップル株に1100億円投資

ウォーレン・バフェットの会社バークシャー・ハサウェイのポートフォリオでは1100億円というと大体1%程度の比率です。

バフェットっぽくない投資

いやーびっくりしましたね。
バフェットっぽくない投資ですね
バフェットはIBM以外のハイテク株には投資しないスタンスでしたからね。

しかもその投資先はぱっとしないアップルです。

ロイター記事によるとアップルへの投資はバフェット氏のポートフォリオ・マネジャーであるトッド・コームズ氏によるものという見方が有力です。
仮に今回のアップルへの投資が失敗したときに、部下が勝手にやった事、僕は知らなかった責任はないんですという説明を株主への手紙には書けないでしょうからね。
バフェットもいいと思ったのでしょう。

しかしバフェットっぽくない

続きを読む

私のNISA口座の資産

NISA口座に入れる資産って悩みますよね。

もうすぐ11月、2015年も終わりに近づいてきました。
私もNISA使っております。 2015年のNISA口座枠はすべて使い切っております。
また 2014年分もすべて使い切りました。

使い切ったというのは2年分の200万円分の金融資産をNISA口座に保有しているというわけではありません。
合計200万円分を買いましたが、気が変わって一部を既に売ったということです。

私がNISA口座に持っている資産を紹介したいと思います。

米国、高配当株(ダウの犬投資として)

  • AT&T (T) ; 
  • キャタピラー (CAT) ;
  • ダウケミカル (DOW) ;
  • エマーソン・エレクトリック;(EMR)
  • ウェルズ・ファーゴ (WFC)

NISA口座用銘柄は長期で保有できるものが良いと思います。
が、私の持っている高配当株はダウの犬投資用ですので毎年入れ替わる可能性があります。
なので長期保有目的ではありません。

そういう意味でいうと私の、銘柄数が少ないなという印象です。
 記事 ; 米国株、高配当株、2015年ダウの犬銘柄

ETF

  • 日興上場S&P500米株 (1547) ; S&P500に連動するインデックスETF
  • iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA) ; 北米を除いた先進国に投資するインデックスETF

記事 “ETFを検討しました” で保有予定のETFを見直しました。
iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA)は売却予定です。もう少し株価が上がったらね

NISA口座で長期投資できそうな銘柄

すると、私にとっての継続保有予定のNISA口座にある資産は日興上場S&P500米株 (1547)です。2014年の枠で買いました。やっぱり S&P500に連動するETFが安定の強さだと思っています。

NISA口座に入れる資産って悩みますよね。悩んで悩んで使わないというよりは、使った方がいいと思います。

もちろんベストはよく考え、長期保有し続けられるNISA口座用資産を持つことです。

面白いブログがたくさんあります。下のリンクからどうぞ。
ブログランクに反映されるので、私もうれしいです。
  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ       

投資は自己責任でお願いします。
リンク:私のウェブサイトおすすめの株の本

米国株、急落時に割安のIBM株購入

今回の急落で安くなっている株ですが、それでも私的に割安だなと感じる株は殆どありません。

これだけ下がっているんだから何か買いたいというので思い出したのが。
IBMです。

割安だとは思っていたのですが、いかんせんIBM。
売上と利益は下落の一途ですがEPSだけは上がり続け、プロの投資家の注目をたっぷりと集めるバフェット銘柄です。
ダウの犬枠では保有していますが攻めの資産の個別株枠では持っておりません。トーシロの私がその中で利益を上げるのは至難の業だと思っていたからです。

しかし、今回は急落時です。皆が我先にと、やや冷静さを欠いて売っていた状態のはずなので、購入に踏み切りました。

IBMの割安感は

PER
13 過去平均よりやや割高
PSR
1.7 ほぼ過去平均
MV/PV
0.7  <—こいつが決め手です。

*MV/PVは市場価格(MV)を私が自己流で算出した企業価値(PV)で割ったものです。
MV/PV以外割安じゃないじゃん

さてIBMどの株に分類したらよいのでしょうか?優良株ではないしもちろん急成長株でもない。
じゃあ市況関連株。
在庫をチェックしたところ、過去8年で一番低い水準です。これはきっといいことだ。
一株145$でお買い上げです。

投資は自己責任でお願いします。

8月24日、株価暴落時の対応

最近の株式市場は中国経済の先行き懸念から大荒れですね

8月21日(木) ダウ ; 350ドル下げ
8月22日(金)  ダウ; 530ドル下げ 
と来て8月24日(月)中国上海指数 -8%  

今日は大幅に下がりそうだと思いましたが、こういった時、どのように対応したらいいのかよくわかりません。
暴落は買いのチャンス
それは、まあ頭ではわかっています。

今、既に持っている株はどうしたらいいのかな。
マーケットが始まる午後10時半まで少し時間があったので、何かヒントはないかと素早く本を読みなおしました。
読み直した本は、
オニールの成長株発掘法 【第4版】
ピーター・リンチの株で勝つ
全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦

投資で一番大切な20の教え

株式投資 第4版

 
一番参考になったのはオニールジム・クレイマー 
オニールは何が何でも損切り

ジムクレイマーは持ち株をどうするかは特に記載がなかったのですがマーケットの大底の判断の仕方。
その判断方法に必要な情報をネットで検索すると、どうも底値に近そうと都合よく判断。

これで行こうと、マーケットをチェックすると、既に株価は真っ赤っかです。
プレマーケットの段階で板は株価をリアルタイムで更新しますがチャートは更新されず、
いくつも保有銘柄があるので軽いパニックでした。
私は基本的に損切りを設定しているので、まずはすべての逆指値売りをキャンセル。
もう少しで逆指値まで落ちそうな株があったり、
設定した逆指値より下で売買が始まり、逆指値が発動しないばかりか逆に株価が反発してきて逆指値に引っ掛かりそうな銘柄もありました。

ただ、急成長株のスキャンポはオニールの教えての通り、損切りをそのままにしておきました。
ンでもって損切り発動、さようならスキャンポ。

株価が急反発してきたので、買いを検討。
どれを買うか、いくら買うか早く考えないといけません。
こういった暴落時は大型株のほうがパフォーマンスがいいと記憶していたので守りの資産インデックスのETFを購入、
2015Q4に投入予定の資金を今回投入するかどうか迷いましたが、時すでに遅しで価格が”半年ぶりの安値レベル”だったので投入しないことにしました。

続いてボーイング買い増し。
ドルが下がっておりキャッシュもなくなってきたので、ドル購入。

さて一日たってこの売買はどうだったのか。
25日は反発しています。ポートフォリオ全体としてはマイナスですが昨日買った株はプラス。
中国の利下げのニュースもあり株価の急落は落ち着いてくれるといいのですが、どうでしょうね。

おすすめの株の本




下のリンクをクリックしてもらえるとブログランクに反映されるのでやる気がでます。うれしいです。
 株ブログ 株日記 
投資は自己責任でお願いします。 

リンク:私のおすすめの株の本です 

先進国の株式、債券、日本株のインデックス投資信託売却

ETFを使って守りの資産を検討しました
過去記事:アメリカの株式に投資するETFを検討しました

先進国と新興国にバランスよく資産配分するのを辞め米国株に資産を偏らせる

それまでは先進国、新興国全体に資産配分していましたが、米国に偏った資産配分にするために、手持ちの投資信託を売る必要があります。

やはり高く売りたいですよね。

基準価額のチャートを調べました。

 

  • 先進国株式へのインデックス投資信託
  •  

  • 先進国債券へのインデックス投資信託
  •  

  • 日本株式へのインデックス投資信託

上記は基準価額が過去の推移と比べて高い位置にあります。
ナイスです。
そっこー売るです。
手数料0です
株の売買ばかりやっていると、手数料がかからない投資信託は素晴らしいですね。

新興国の債券、株へインデックス投資する投資信託の基準価額

新興国の債券、株の投資信託は基準価額が低い状態です。
 ニュースでやっていた新興国からの資金流出とはこのことだったのだなと納得。

 安いときに売りたくはないのですが、もっと下がる可能性もあります。
 最近特に思うのは株価はほんとに予想がつかないということ。
 買いたい株のチャート価格を見ているとが今買わなければもっと価格が上がってしまうと思いがちです。
 あせって購入し、一週間後に予期せぬ出来事で株価は下落というパターンが多いです。

 その逆もまたしかりでしょう、ここは辛抱、基準価額がもう少し上がってから売ろうと思います。

米国株、市況関連株 ベッド・バス・アンド・ビヨンド検討

今回、検討したのは、ベッド・バス・アンド・ビヨンド(ティッカー BBBY)であります。

キッチン用品・寝具・トイレバス用品を扱う生活雑貨銘柄。

ベッド・バス・アンド・ビヨンドの指標

指標を見てみると、

  • 売上;10年間安定して伸びています
  • EPS;同じく10年間安定して伸びています。
  • PER;過去5年平均値よりも低い水準にあり割安
  • PSR;0.9 比較的安いです
  • MV/PV; 0.8 非常に魅力的なレベル
  • 株価;安定して伸びているわけではなく、のぼって降りてを繰り返すわかりやすいチャートです。今はちょうど底のように見えまさに買い時

安定成長株かそれとも市況関連株

ベッド・バス・アンド・ビヨンドは安定成長株なのか市況関連株なのかよくわかりません。
私は市況関連株だと思っています。

在庫

念のために在庫をチェック。
すると在庫は過去3年間で最大になっているではありませんか

これは危険信号きっと工場には売れ残った製品が積みあがっているんだ。

買うかどうするか

いやいや、今が買い時でしょ来るべき好景気に備え準備しているのさ。
非常に迷います。
大体私の市況関連株投資は今一の成果なのです。ボーイングも安定した株価、USスチールは失敗。
ということで今回は保留。株価が60$くらいに下がったら買おうかな。

 

アメリカの株式に投資するETFを検討しました

資産を幅広く分散投資してアメリカの株式市場平均を上回るには

長期投資の守りの資産としてETF等を組み込み、アメリカ市場と同等、もしくはやや上のパフォーマンスを狙います。

市場平均を上回る資産

上場S&P500米国株 (銘柄コード 1547)

アメリカの代表的なインデックス、S&P500に連動するETF。東証で買えます。このETFが市場平均なので市場を上回ることはできませんが、以前から保有しているのでそのままキープします。

高配当株 ダウの犬

このブログでちょくちょく書いている我流ダウの犬銘柄です。カテゴリー 高配当株、ダウの犬
市場平均を3~4%上回ることを期待。

BBH

Market Vectors Biotech ETF; 2014年の利回りは30%、バイオテクノロジー銘柄で構成される右肩上がりのETFです。ギリアド・サイエンシズ, アムジェン, セルジーン,バイオジェンといった25銘柄に分散投資できます。

RTH

Market Vectors Retail ETF; Amazon, Walmart,ホームデポ等の小売業の株式、25銘柄に分散投資できます。過去3年の投資の利回りは 19%です。

QQQ

PowerShares QQQ; NASDAQ100指数のETF;Amazon, ギリアド・サイエンシズ, セルジーン, バイオジェン人気銘柄が一杯。

まあどれもこれも、かぶりまくりで分散投資になっていないような気もしますが、長期投資の新しい目標ポートフォリオです。
あとはいいタイミングで買えるかどうかです。

目標全体ポートフォリオ

これらを守りの資産として加え、私の全体の目標ポートフォリオは以下のようになります

 大分類 中分類
  現金  100000 yen
  攻め   50%   米国個別株  75%
  現金 暴落用  25%
  守り   50%   S&P500  20%
  ダウの犬  20%
  BBH  20%
  RTH  20%
  QQQ  20%

 

インデックス投資、アメリカ以外でどの国に投資するか

ほとんどの個人投資家は長期投資をしているつもりで実際は短期投資をしていると聞きますが、長期投資のスタンスを取るつもりの自分ですが常にちょこちょこと銘柄をいじっており、この言葉がぴたりと当てはまります。

前回の記事アセットアロケーションと利回り計算を書いたことで守りの資産期待利回りを現状の12%からもっと高くしたくなり、色々とインデックス投資商品をみておりました。

どの国のインデックスに投資するのがいいか?

これから20年後、30年後の世界は米中印で回っていくなんて情報がちらほら聞こえてくるので、中国とインドを購入しようと思っていました。
で、さらっと調べました。

インド

インドの株式指数はあまり上昇率は高くなかったです。

中国

中国は上昇率が高く投資信託の1年間リターン100%(年率)、3年間リターン30%(年率)。かなり迷いました。しかし株価チャートを見るとほんとに急上昇なんですね。
  去年くらいまではずーっと平坦だったのにここ一年で急上昇。この間の株価急落と政府による株価の支えをみると、株価は底値のような気がしました。いやいやいや、なんか不自然なきがしました。君子危うきに近寄らずってやつですか。バフェットもそんなことを言っていたような気がします。

日本

日本株;の投資信託最近リターンがいいんですね。1年リターンも3年リターンも30%(年率)です。. でも私は日本株の勉強をしたことがありません。チャートを見ても右肩上がりというわけではないです。

“日経平均は今後上がるのか”とググってみても案の定色々な意見が。 株は上がるのか下がるのかホントわからんなあ
あれ米国株は今後上がるかなんて私は今までググったことあったっけ?
自己分析すると米国株に対しては自分なりに自信を持ってやっている、しかし、日本株インデックス投資は割高だか割安だか全くわからず不安なのですねこれは。

よって、

結局、

米国株に、

帰ってきました。
 

アセットアロケーションと利回り計算

アセットアロケーション(資産配分)を考えるにあたり、リスク資産の比率をどうするか考えることになります。

そのためには自分がどれくらいの利回りが欲しいのか計算をしなければなりません。
私のアセットアロケーションでの期待利回り計算を更新しました。

アセットアロケーションの利回り計算結果

A: 期待利回り B : 資産比率 AxB
現金 0.02% 13.9% 0.003%
国債 0.5% 0.0% 0.00%
先進国 国内株式(投信) 13% 1.1% 0.1%
投信 18% 0.0% 0.0%
米国個別株 20% 36.9% 7.4%
S&P500+ダウの犬 17% 19.6% 3.3%
EFA (米国を除く先進国インデックスETF) 2.3% 8.9% 0.2%
先進国債権 8% 10.5% 0.9%
新興国株 7% 7.4% 0.5%
新興国債券 6% 1.8% 0.1%
総利回り 100.0% 16.8%

米国個別株の期待利回り

米国の個別株を自分で運用する期待というか目標利回りです。前回の記事目標アセットアロケーションと利回り計算では40%でしたがもう少し現実的?な20%に下げました。

他のインデックス投資の利回り

先進国の株、債券、新興国の株、債券のインデックスに投資する期待利回りは5年間の利回りを年率に換算したものを使いました。

ポートフォリオ全体の期待利回りは12%

ややさみしい感じです。
もっと利回りを増やすには広く分散したポートフォリオから期待利回りの高い銘柄、資産へ偏ったポートフォリオにしていくしかないんですよね。
しかし、自分の米国株、初心者のこの一年間の投資成績からすると、ちょっとまだ、けいるんさんにはまかせられないねといった感じ。

個別銘柄がだめなら、今こそ、インデックスで中国へいやいやインドへなどと迷い中。

 

目標アセットアロケーション更新

今回は私の目標アセットアロケーションを更新したので紹介したいと思います。

投資をするにあたり、金融資産をいくら買うべきか、どこまで買うべきか迷いますよね。
そういったときに、アセットアロケーションの大枠を決めてしまえばだいぶ考えやすくなると思います。

目標アセットアロケーション

 大分類 中分類 小分類
現金 100000 yen
攻め 50% 個別株+Index 75%
現金 暴落用 25%
守り 50% 債券 25% 先進国 85% 国内債券 100000
海外債券 残り
新興国 15%
株式防衛 75% 高配当株 ダウの犬+
米国Index
55%
EFA 25%
新興国 20%

 

現金

この10万円は投資には使わない金額です。なにか、緊急用のお守りみたいなものです。

攻めの資産と守りの資産

著名投資家を参考にしたのですが、投資資産を積極的に年率20%程度の利益を狙いに行く攻めの資産、とマーケットと同等のリターンを得るための守りの資産に半分半分に分けています。

 

この攻めと守りを半分半分というのは攻めるわけでもなく守りでもなく、まさに自分の性格に合っている気がします。

攻めの資産

75%の米国株+Indexと25%の現金です。
この現金は暴落時に価格の下がった銘柄を買うためのものです。いつ発生するかわからない暴落のために現金を遊ばせておくのはもったいないですが、最大の買いにチャンスでもあるので、この比率は悩みどころです。
これが今回のアセットアロケーションの主な変更点です。
暴落って具体的にどれくらいを指すのかは自分でもまだはっきりしていません。ちなみに2015年4月ごろのギリシャ問題では発動しませんでした。

守りの資産

基本的にインデックス投資で運用しています。こちらはグレアムの勧めを参考にし債権を25%、株式を75%にしました。

債券

先進国の比率を85%、新興国の比率を15%で分けています。個人向け国債を10万円分持っています。来年早々償還しますので、その資金は新興国債権に割り当てようかな。

株式

米国株55%とEFA;米国以外の先進国 ETF 25%,新興国投資信託 20%で分けています。米国株はS&P500のETFと高配当株、ダウの犬投資で運用しています。ETFはNISAで運用しているので売るのがもったいなくそのまま保有予定です。

攻めの資産が守りの資産よりも高いパフォーマンスをだせれば比率は変えていく予定です。