米国株、赤字決算で逆指値注文発動 フランクリン・コヴィー 2017年第1四半期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小型株のフランクリン・コヴィー 社 ティッカーシンボル FCが2017年1月5日に、2017年度の第一4四半期決算(会期末 11月26日)を発表しました。
また赤字決算で、株価は約マイナス5%の急落
フランクリン・コヴィーは7つの習慣の本を出版している会社です。時価総額2億6300万ドルの小型株です。ちなみにコカ・コーラの時価総額は約1790億ドルです。

フランクリン・コヴィーの事業内容

まんがでわかる 7つの習慣という本がコンビニで見かけたことがあると思いますが、あの本を書いたのがフランクリン・コヴィーさんであります。

フランクリン・コヴィー社(NYSE:FC)は、リーダーシップ能力やコミュニケーション能力、生産性、パフォーマンス向上のためのトレーニング、組織および個人のアセスメントサービスにおける世界的なリーダーです。
 

フランクリン・コヴィー社がお手伝いすることで、様々な企業が従業員のパワーを引き出し、ビジネス上の最優先事項へとフォーカスを定め、実行し、成功を勝ち得ています。
 

米国「フォーチュン」誌が指定する最優良企業上位100社のうち90%、同じく500社のうち75%以上の企業にサービスを提供しており、また、クライアントには多数の政府機関、大手グローバル企業をはじめ、教育機関、中小企業が含まれています。
 

当社の商品とサービスは、企業研修、クライアント・ファシリテーター(認定制)、公開コース、書籍出版、およびwww.franklincovey.co.jpを通じて、数々の組織と個人に利用されています。

フランクリン・コヴィー・ジャパン 事業概要より

決算ハイライト

  • All Acess Passサービス関連の売り上げが630万ドルに増えた.
  • 新しく作った中国での売り上げは順調
  • 2017年度のガイダンスは維持

売上

3980万ドル マイナス12% vs.2016
All Accss Passサービスの売り上げは630万に増えましたが、全体に占める割合は15%程度

粗利

粗利は2530万ドルで粗利率は64%, 粗利はすごく高いんです

販売管理費 SG&A

2900万ドル, プラス10% vs.2016
これが高いのです。販売管理費が粗利を大きく上回り、営業赤字です。
粗利は減り販売管理費は増えています。

純利益、EPS

純損失の396万ドルの赤字。
EPS(一株当たり利益)はマイナス0.29$,  前年のEPSはプラス 0.05$でした。

CEOコメント

第1四半期は営業、マーケティング、製品ラインナップの成長に重要な投資をした非常に重要なステージだった。この投資は年間を通して安定した成長のベースとなるもの。
All Access Passesサービスがこの四半期に去年より大きく成長したことを非常にうれしく思う。

株価

株価は、決算を受け20ドルから19ドルへ急落、そしてPERは40あたりから120に急上昇 です

逆指値注文が発動し株を売却利益確定

EPSが安定しない会社なので継続保有するかどうか迷っていました。
そこで今回の株価が急落。
私の中の唯一の当たり銘柄でした。
含み益は一時期なんと+36%もありました。

今回の株価の急落を受け逆指値注文が発動し、株を売却。
プラス25%で利確となりました。
これでまたポートフォリオのキャッシュ比率が増えるな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

コメントを残す

*